メディア情報

新規会員登録 ログイン
ID:
PWD:
 
会員限定コンテンツ
'トッケビ' イ・ドンウク, 死者を見送る冥土の使者の 'ツンデレ慰労法'
2016-12-19

'トッケビ' イ・ドンウク, 死者にかける慰労の一言 "胸が痛む"

- イ・ドンウク, "今生ではご苦労様でした。気を付けて逝ってください。次の世に"

- イ・ドンウク, 過労死の医師, 下宿の鬼神, 盲人.. 死者に伝える淡々とした慰め 

- イ・ドンウク, さり気ない配慮+温かみのこもったやさしい慰め一さじ

- イ・ドンウク, この世を去る使者を見送る冥土の使者.. "神秘的しい"

俳優イ・ドンウクが死者を見送る‘ツンデレ慰労法’で関心を呼んでいる。

tvN 10周年特別企画金土ドラマ‘寂しくきらめく神-トッケビ(脚本:キロ・ウンスク, 演出:イ・ウンボク, 制作:ファエンダムビクチャース/以下'トッケビ')で冥土の使者役を演じているイ・ドンウクが死者にかけるさり気ないが温かいツンデレ慰労法でお茶の間に侘しさを与えている。

◆ 3話"先生の応急処置のおかげであの患者は助かりました"

冥土の使者(以下'冥土')は患者に応急処置を施している男性医師に近付き冥土の名簿を読みあげる。男性医師は"私は死んだんですか?"と聞き, その瞬間応急室に運ばれていく自分と嗚咽する同僚たちの姿を見る。その後, チョスンイは最後まで助けようと努力した患者を指して"先生の応急処置のおかげであの患者は生き返りました"と言った。これは彼が職を全うし過労死によって命を失った使者にかける淡々とした慰めの言葉だった。

◆ 5話 "今生ではご苦労様でした。気を付けて逝ってください。次の世に"

かと思えば, チョスンイは下宿で死を迎えた下宿鬼神と向かい合った。かれは鬼神となりこの世を彷徨った揚句に恨みを解き冥土への道に差し掛かった下宿鬼神に低い声で "今生ではご苦労様でした。気を付けて逝ってください。次の世に"と慰めの言葉をかけた。下宿の鬼神は涙を流し今生の記憶を消してくれる忘却のお茶を飲み, チョスンイはそんな使者の姿を黙々と見守った。

◆ 6 "先に逝かれたのが気にかかったのかさっきから待っていたのです"

チョスンイは一人の盲人の男に出会う。"私は今からどこに行くんですか"と聞く盲人に"入ってきた門から出ていけばいいのです"と言った。すぐに茶店の扉が開き, 大型犬一匹が嬉しそうに吠えた。これは盲人と生前に一緒に暮らした盲導犬。盲人が "ハッピー? ハッピーかい?"と聞くと, チョスンイは"先に逝かれたのが気にかかったのかさっきから待っていたのです。道はハッピーがよく知ってるはずです"と言い案内したし, 天国に向かうような盲人の姿をまぶしく眺めた。

このようにイ・ドンウクは'トッケビ'を通してこの世を去って行く使者を見送る冥土の使者を見事に演じてるいる。彼は想像でだけ存在しそうな‘冥土の使者と使者の出会い’という難しい場面を落ち着いた表情と語調、安定した演技で消化しドラマへの没入度を高めた。また, 彼は冷たそうに見えるが, 死者に対する配慮と温かさが感じられるやさしい言葉で死者たちを見送った。このようなイ・ドンウクのツンデレ慰労法は視聴者に神秘的で悲しいという, 奇妙な感情を喚起させ, 今後描かれるであろう物語に対する期待感をふくらませた。

tvN 10周年記念特別企画金土ドラマ‘寂しくきらめく神-トッケビ’は'不滅の命を終わらせるために人間新婦を必要とするトッケビ(コン・ユ), 彼と奇妙な同居を始めた記憶喪失の冥土の使者, そんな彼らの前に‘トッケビ新婦’を主張する‘死ななければならない運命’の少女が現れて繰り広げられる神秘的なロマン説話‘として毎週金土夜8時に放送されている。 

 [写真: tvN周年記念特別企画金土ドラマ‘寂しくきらめく神-トッケビ’放送キャプチャー]

キングコングENT広報マーケティングチーム

㈱キングコングエンタテインメント

www.kingkongent.com


新規会員登録 ログイン プライバシーポリシー 会員規約
特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ
ID: PWD:
ARA新規会員登録Copyrights © A・R・A All Rights Reserved.