メディア情報

新規会員登録 ログイン
ID:
PWD:
 
会員限定コンテンツ
'トッケビ' イ・ドンウク, 冥土の使者-王-イ・ヒョク! 完璧なキャラクター3段変奏
2017-01-24

'トッケビ' イ・ドンウクの前世-現世-還生! 時代劇と現代劇を行き来するキャラクター変身!

- イ・ドンウク, ダイナミックなキャラクターの変奏! キャラクターの消化力最高レベル

- イ・ドンウクのキャラクター変身は有罪! 罪名は'トキメキ死誘発'

- イ・ドンウク, 'トッケビ'最終回で迫力ある美男子に変身した'チョスン!'

- イ・ドンウク, 13色の魅力発散! カメレオンのような演技! '変身の鬼才

 

俳優イ・ドンウクの'トッケビ' の中のキャラクター3段変奏が視線を釘付けにする。

tvN 10周年特別企画金土ドラマ‘寂しくきらめく神-トッケビ’ (脚本:キロ・ウンスク, 演出:イ・ウンボク, 制作:ファエンダムビクチャース/以下'トッケビ')で前世での人物'王'と現世の'冥土の使者'を行き来しカリスマ的な演技を披露した彼が最終回で'イ・ヒョク'というもう一つのキャラクターを演じた。これに'トッケビ'で提供した彼の多彩なキャラクター変奏を一つずつ整理してみた。

現世: 親しい魅力にあふれるかわいい冥土の使者'チョスン'

イ・ドンウクは'冥土の使者'というファンタジックな存在を人間味あふれるかわいい冥土の使者として描きぬいた。また彼は愛する女性の前での無邪気でお茶目な一面で女性のハートを射止め,人間を愛する冥土の使者の色濃い姿で視聴者の涙腺を刺激した。魅力長者の冥土の使者に多くの人は‘チョスン’という愛称で呼びその魅力にはまり, いつの間にか‘冥土の使者=イ・ドンウク'という公式は自ずと成立した。

前世: 凄絶な孤独さと凄然な悲しみを抱いた王

‘歴代級’と呼ばれる'トッケビ' 10話のエンディング。イ・ドンウクが演じた冥土の使者の前世が王という事実が明かされた。視聴者は大きな衝撃を受け, 凄然ながら重みのある彼の演技に圧倒された。何よりも王の悲劇的な人生がそのまま感じられる彼の眼光と時代劇と現代劇を行き来する極と極の演技に惜しみない賛辞が送られた。

還生: 冥土の使者の次の生! 強力系刑事であり美男子'イ・ヒョク'

そうかと思えば,イ・ドンウクは'トッケビ' 最終回で強力系刑事'イ・ヒョク'として登場した。イ・ヒョクは冥土の使者が還生した人物。イ・ヒョクに扮したイ・ドンウクは女優として還生したユ・インナと再会した。彼はシックで無表情な口ぶりで"僕が先に好きになった"という言葉を惜しまない男前な男としての一面を見せユ・インナとハッピーエンドを迎えた。恋愛に不器用だった'冥土の使者'と日々狂おしい恋しさと悔恨の中で生きていた'王'とまた異なるイ・ドンウクの迫力のある姿に視聴者は最後に一度心を動かされた。

このようにイ・ドンウクは'トッケビ'という作品で王, 冥土の使者,イ・ヒョクという3人のキャラクターに変身, 演技スペクトラムを一層広げた。彼が意図した興味深いキャラクター変奏と立体的な演技に視聴者は '人生演技', '人生キャラクター'という好評を得て熱狂している中. 'トッケビ'で遺憾なく発揮したイ・ドンウクの人生演技は長い余韻を残し,今後彼が見せてくれる他の作品とキャラクターに対する期待感を一層高めている。

21日に放送終了したtvN 10周年特別企画金土ドラマ‘寂しくきらめく神-トッケビ’は来る2月3日と4日の二日間'トッケビ' スペシャル放送として視聴者に会う予定である。

 

発信 : キングコングENTマネージメントチーム

キングコングENT広報マーケティングチーム

 


新規会員登録 ログイン プライバシーポリシー 会員規約
特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ
ID: PWD:
ARA新規会員登録Copyrights © A・R・A All Rights Reserved.