メディア情報

新規会員登録 ログイン
ID:
PWD:
 
会員限定コンテンツ
'トッケビ' イ・ドンウク, '冥土の使者'で描いた生と死の意味
2017-01-24

 

'トッケビ' イ・ドンウクだからこそ輝いた冥土の使者…'重みのある響き'を提供

- イ・ドンウク, '冥土の使者'が感じさせてくれた生の大切さ

- イ・ドンウク, 冥土の使者が生きる人々に投げた意味

- 'イ・ドンウク印冥土の使者'に出会った僕の人生はラッキーだった

俳優イ・ドンウクが'冥土の使者'に扮し生と死に対する問題を投げかけた。

イ・ドンウクは去る21日放送終了したtvN 10周年記念特別企画金土ドラマ‘寂しくきらめく神-トッケビ’ (脚本:キロ・ウンスク, 演出:イ・ウンボク, 制作:ファエンダムビクチャース/以下'トッケビ') で冥土の使者役を演じ生と死の意味について考えてみる瞬間瞬間を提供した。ここで彼が'トッケビ'を通して投げかけた生と死に対する質問を整理してみた。

ドラマの前半, イ・ドンウクは記憶を失った記憶喪失症の冥土の使者として登場した。自身がどのようにして冥土の使者になったのかを知らないまま この世とあの世の境界である'チョスンの茶店'で数多くの死者に向かい合う。彼は悲しみを抱いている使者には温かい慰労の言葉をかけたし, 悪事を働いた人には厳しい眼差しで制圧したりもする冥土の使者である。この世の行いによってあの世に行く瞬間がどのように異なるのかを見せてくれた場面は見る者に'死'という単語に対する疑問を投げかけた。

ドラマの中盤, 記憶を失くした冥土の使者は能力を私的に使用したとの名目で冥府の監査チームから重い懲戒を受けることになる。彼が受けた罰は失くした記憶を再び取り戻すこと. これによって冥土の使者は自身の前世である'王の記憶と向き合う。王は過去の過ちによって自ら'死'という破滅へと追い込んだ人物。これによって冥土の使者は生を裏切った罪で数多くの死に向かい合うという罰を受けていることを悟ることになる。

待望の'トッケビ' 最終回. 目の前で引き続き死に直面し, 死が名残惜しい時にでも人間の生死に関与することが出来ない冥土の使者は"今になってはこれ自体が罰だと思う"と言い嘆息する。また女の後輩に"自ら命を絶った者たちに冥土の使者にさせられた理由について考えてみた"と言い "神が我らに望むことは自身を許し生の大切さを悟らせることだから"と言った。これはアイロニーにも死に直結している冥土の使者を通して与えられた生の大切さを考えさせた。

イ・ドンウクは'冥土の使者' のキャラクターに込められた劇的な叙事を繊細な眼光と安定した演技力で見事に消化し人生演技を繰り広げた。イ・ドンウクだからこそより輝きを放つことが出来た冥土の使者だった。そればかりでなく,イ・ドンウクが描いたこの世とあの世の境界戦に置かれた数多くの死者とのエピソードは視聴者に時には悲しみを, 時には温かさを伝えてくれた。誰もが一度くらいは考えてみたであろう'生と死'という哲学的な質問を投げかけたイ・ドンウク印冥土の使者は視聴者に重みのある響きと長い余韻を残しこれからも記憶に長らく残されるであろう。

tvN 10周年特別企画金土ドラマ‘寂しくきらめく神-トッケビ’は21日に放送菓子終了し, 来る2月3日と4日の二日間'トッケビ' スペシャル放送として視聴者に会う予定である。

発信 : キングコングENTマネージメントチーム

キングコングENT広報マーケティングチーム


新規会員登録 ログイン プライバシーポリシー 会員規約
特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ
ID: PWD:
ARA新規会員登録Copyrights © A・R・A All Rights Reserved.