メディア情報

新規会員登録 ログイン
ID:
PWD:
 
会員限定コンテンツ
"イ・ドンウク×ユ・インナ集う"…'真心が届く', 大ヒット祈願祭祀+新年のあいさつ
2019-01-04

[OSEN=パク・ジニョン記者 2019.1.1]

 

2019 tvN初の水木ドラマ真心が届く ‘大ヒット祈願祭祀の現場と出演陣の信念のあいさつが公開された。心を一つにして楽しい撮影現場を願う出演陣-制作陣の姿と明るいチームワークが 真心が届くに対する期待感を上昇させている。

真心が届くはある日ドラマのように法律事務所ら舞い込んだ大韓民国を代表する女優オ・ユンソ (ユ・インナ)が完璧主義者の弁護士クォン・ジョンロク(イ・ドンウク)と出会うことによってはじまる宇宙女神偽装就職ロマンス。イ・ドンウク-ユ・インナが主演を務めパク・ジュンファ監督が演出を担当し新年早々視聴者の心に届くドラマ歳期待を集めている。

最近執り行われた真心が届くの祭祀の現場にはパク・ジュナファ監督をはじめとする制作陣イ・ドンウク-ユ・インナ-シン・ジンウク-ソン・ソンユン-オ・ジョンセ-シム・ヒョンタク-チャン・ソヨン-パク・ジファン-イ・ジュンヒョクなど全出演陣が参席し安全で無事故の撮影と大ヒットを祈願した。

イ・ドンウク一生懸命がんばります。出演者はもちろんスタッフのみなさんも事故がなく無事撮影を終えられることを願っていますと決意を述べスタッフに対する気づかいを見せ歓呼を受けた。続いてユ・インナは最善を尽くして楽しい現場を作っていきます。ファイティン!”と愛嬌のあるファティンで制作陣と出演陣の士気を高めた。

シン・ドンウクは来年に真心が届くが大ヒットすると確信に満ちた口調で真心が届くの興行を占い笑いを誘った。これにイ・ジュンヒョクは知ってる後輩が'真心が届くが大ヒットすると言ったのでそれを信じるとユーモアを交えて語り笑いを弾けさせた。パク・ジュンファ監督は何よりも全員が健やかに撮影に臨めることを願います。真心が届く’ ファティン!”と拳を振り上げて力強く叫ぶとスタッフと出演陣の力強い拍手が沸き起こった。

祭祀の最後には真心が届くの制作陣と出演陣の切なる願いを込めた祝文を燃やして全員で"’真心が届く’ ファティンを叫び最強のチームワークを期待させた。パク・ジュンファ監督の指先で燃え尽きた祝文はあたかも演出されたワンシーンのように空中にふわふわと燃え上がり大ヒットを予感させたし現場に居合わせた関係者たちを感動させた。

さらにイ・ドンウク-ユ・インナをはじめとする出演陣とパク・ジュンファ監督は明るい笑顔と共にひとつになった心で2019年の幸福と安寧健康を祈願する信念のあいさつを伝えた。何よりも並んで立っているだけで燃え上がるようなイ・ドンウク-ユ・インナのケミストリーが視線を引いた。すでに祭祀を終えたイ・ドンウク-ユ・インナが2019年に視聴者の心を温めてくれそうな期待感が膨らんだ。

真心が届く側は“2019の歳が明けた。みなさん明けましておめでとうございます。2019年にステキな作品でお会いしますので期待してくださいと伝え期待感を高めた。

[写真] tvN  

 


新規会員登録 ログイン プライバシーポリシー 会員規約
特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ
ID: PWD:
ARA新規会員登録Copyrights © A・R・A All Rights Reserved.