メディア情報

新規会員登録 ログイン
ID:
PWD:
 
会員限定コンテンツ
‘真心が届く’ ユ・インナ“イ・ドンウクに走り寄って胸に飛び込むシーンがあるのですか…”[オジェTV]
2019-02-06

[NEWS EN チェ・スンヘ記者 2019.1.30]

イ・ドンウクが'真心が届く' の視聴率について明かした。

1 29日に放送されたカカオTV ‘ドラマチャット’ではtvN 新水木ドラマ ‘真心が届く’の主演俳優イ・ドンウク, ユ・インナが出演しファンたちと交流した。

イ・ドンウクは自身が演じるクォン・ジョンロクのキャラクターについて “原作は読んでいない。こけからも読まない予定。呼んでしまうとウェブトゥーンと小説のキャラクターに埋没してしまいそうなので。もっとキャラクターを広げるために読まなかった。小説の中のクォン・ジョンロクとは異なる姿をお見せする”と明かした。ユ・インナは“ユンソはまさしく私のキャラだと感じた。ユンソは自分の感情を隠さずすべて出してしまうまた監督に対する信頼が大きくて出演を決めた”と明かした。

 

ファンたちが心を込めて撮ったシーンを聞くとユ・インナは “ユンソが想像するシーンがある。とても努力した” “また私が走り寄ってイ・ドンウクさんの胸に飛び込むシーンがあるがその場面もがんばった”と伝えた。

ユ・インナが考えるクォン・ジョンロクの魅力については“実直で鷹揚で素敵。どんな状況でも揺れることのない男”と明かした。彼女はまた“ドンウクさんには女性のハートを溶かしてしまう微笑みがある”と言った。これにイ・ドンウクがvサインを見せユ・インナは嘘っぽい笑顔だとジョークを飛ばした。イ・ドンウクは“ファンたちには資本主義の微笑みだと言われている”と言って笑った。

イ・ドンウクは‘真心が届く’がどれほどうまくいくようかと聞くと “数値上では話せないがタイトルのように視聴者の心に届くと思う”と語った。

2月6日の午後9時30分にはじまるtvN 水木ドラマ‘真心が届く’は大韓民国を代表する女優オ・ユンソ(ユ・インナ)が演技力を高めるためにオ・ジンシムという名前で法律事務所に偽装就業した後完璧主義者の弁護士クォン・ジョンロク(イ・ドンウク)に出逢うことによってはじまるロマンスドラマ。tvN ‘キム秘書がなぜそうか’のパク・ジュンファ監督が演出する。

いっぽうイ・ドンウクとユ・インナは2017tvN ‘トッケビ’ 以来2年ぶりの共演になる。

(写真=カカオTV キャプチャー)

 


新規会員登録 ログイン プライバシーポリシー 会員規約
特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ
ID: PWD:
ARA新規会員登録Copyrights © A・R・A All Rights Reserved.