メディア情報

新規会員登録 ログイン
ID:
PWD:
 
会員限定コンテンツ
‘真心が届く’ イ・ドンウクVSオ・ジョンセ, ユ・インナをめぐる対立‘両極の雰囲気’
2019-02-06

[毎日経済 STAR TODAY シン・ヨンウン記者 2019.2.1]

‘真心が届く’ イ・ドンウクトオ・ジョンセがユ・インナをめぐって息詰まる対立を見せる。オ・ジョンセに対して冷たい眼差しを送るイ・ドンウクときらめく瞳でイ・ドンウクを見るオ・ジョンセ。両極の雰囲気を醸し出す二人の姿が笑いを届ける。

来る6日水曜日に放送がはじまるtvN新水木ドラマ‘真心が届く’(脚本 イ・ミョンスク チェ・ボリム, 演出 パク・ジュンファ)はある日ドラマのように法律事務所に舞い込んできた大韓民国を代表する女優オ・ユンソ (ユ・インナ)が完璧主義者の弁護士クォン・ジョンロク (イ・ドンウク)とであうことによってはじまる宇宙女神偽装就業目マンス。イ・ドンウク-ユ・インナが主演を務めパク・ジュンファ監督が演出を担当し視聴者の心に届くドラマとして期待を集めている。

公開されたスチールには完璧主義者の弁護士役イ・ドンウクとオールウェイズ法律事務所代表ヨン・ジュンギュ役のオ・ジョンセの姿が写されている。

特に真逆の雰囲気を醸し出している二人の姿が好奇心を刺激する。まずイ・ドンウクをきらめく瞳で眺めるオ・ジョンセが捉えられた。彼の手には新聞が握られている。しかし新聞が逆になっていて笑いが弾ける。

続けて法律事務所代表で上司のオ・ジョンセに向けた恨めしい視線を送るイ・ドンウクの姿が捉えられ興味をそそる。状況が気に入らないのかイ・ドンウクのしらけた表情とそれに屈しないオ・ジョンセのふてぶてしい姿もまた笑いを提供する。

これはオールウェイズ法律事務所代表でありながらオ・ユンソの熱烈なファンであるヨン・ジュンギュ (オ・ジョンセ)と法律事務所のエースクォン・ジョンな六がオ・ユンソの去就をめぐって話し合う姿。法律事務所代表ヨン・ジュンギュはオ・ユンソに対する異常なまでのひいきでクォン・ジョンロクにオ・ユンソの偽装就業を手助けしてくれと頼んでいる。おおげさな手の動きと自信に満ちた眼差しだけを見れば拒否できない提案をクォン・ジョンロクに投げているようだが, 堅物のクォン・ジョンロクは従順に提案を受け入れる意思がないように見える。これに対して全身を使ってひいきを露わにするヨン・ジュンギュと冷気を発するクォン・ジョンロクの息詰まる (?) 対立の勝者は誰なのか好奇心を刺激する。

 

‘真心が届く’ 側は“ドラマでユ・インナをはんさでイ・ドンウクとオ・ジョンセの捧腹絶倒の密議を見ることができる。コメディー演技の大家オ・ジョンセのアドリブ演技とディテールな設定が笑いを誘うかと思いきやユ・インナに向けた彼のひいきにもめげずに自分が言おうとすることをずばり言うクォン・ジョンロクの姿が笑いを倍加させる。このようにオールウェイズ法律事務所内でイ・ドンウク-オ・ジョンセが宇宙女神ユ・インナをめぐって意外な笑いを届けるので期待してほしい”と伝え期待感を刺激する。

いっぽう, イ・ドンウク-ユ・インナ主演のtvN 新水木ドラマ‘真心が届く’はドラマ‘ボーイフレンド’の後続として来る6日水曜日夜93分スタート。


新規会員登録 ログイン プライバシーポリシー 会員規約
特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ
ID: PWD:
ARA新規会員登録Copyrights © A・R・A All Rights Reserved.