メディア情報

新規会員登録 ログイン
ID:
PWD:
 
会員限定コンテンツ
‘他人は地獄だ’ 初週から好評, 理由があった…ウェブトゥーンの作家“満足している”
2019-09-06

[OSEN=キム・ナフィ記者 2019.9.4]

 

放送初週から熱い反応を引き起こし“さすがOCN”と称賛されている‘他人は地獄だ’。たった2話ですでに視聴者を虜にしている理由は何なのか。

OCN ドラマチックシネマ‘他人は地獄だ’(脚本 チョン・イド/ 演出 イ・チャンフィ)はNAVERウェブトゥーン連載当時爆発的な話題を集めたウェブトゥーンを原作に俳優イム・シワン, イ・ドンウクの初共演, そしてジャンル物の名家OCNでしか出会えない映画とドラマの特別なコラボレーションプロジェクト ‘ドラマチックシネマ(Dramatic Cinema)’として制作され綿居゛を集めた。先月31日の初回放送, たったの2話で視聴者の熱い好評が続いている。

まず俳優たちの熱演と映画のような映像美を通して具現されたフェブトゥーンとの高いシンクロ率が視線を引いた。見知らぬ住み家と仕事場で気が立つばかりのしぉか異人一年生ユン・ジョンウ (イム・シワン)と彼の煩わしい異常な隣人オム・ボクスン(イ・ジョンウン), ユ・ギヒョク(イ・ヒョヌク), ピョン・ドゥクジョン(パク。ジョンファン), ホン・ナムボク(イ・ジュンオク) 等が “ウェブトゥーンからそのまま飛び出してきたようだ”との評価を得た。主な背景の下宿もまた落ちぶれた施設を表現する小道具から全体的に陰惨な雰囲気をリアルに描き出している。特に作品の中ての下宿の第一印象ともいえる廊下は “二度と抜け出せない長いトンネルのようだ”という台詞につい頷いてしまうほど不気味な雰囲気が圧巻である。“廊下の真ん中で角度を微細に折って, 最後には逆にもう一度折り込んで, どこかねじれて食い違う感じを表現しようとした”とのパク・ジェヒョン美術監督の老練さが際立つ部分である。

原作のある作品であれば直面せざるを得ない問題, 差別化の地点を伝達する方法も見事に解いて見せた。見知らぬ下宿で展開されるミステリーと言うストーリーラインと日常の中での他人の恐怖をえがいた作品のメッセージ, そして主要なキャラクターをそのまま活用しつつ同時に追加された設定と人物をうまく解け合わせたのである。下宿の近くで起きている‘野良猫殺害事件’とこれに疑念を抱く新任の巡査ソ・ジョンファ과 (アン・ウンジン)の存在はドラマの走り出しから視聴者の没入度を高め의, 原作の‘キーウィ’ キャラクターをピョン・ドゥクジョン-ピョン・ドゥクスという双子の兄弟に作り替え色合いの違う楽しさを届けている。何よりも放送前に “原作の再解釈から再誕生したキャラクター”として好奇心を掻き立てた歯科医師ソ・ムンジョ (イ・ドンウク)が真のボスだということが明かされた2話のエンディングは誰も予想できなかったどんでん返しとして今後の展開に対する好奇心を引き上げた。

初週の放送を面白く視聴したというウェブトゥーンのキム・ヨンキ作家もまた “シンクロ率100%のキャスティングと俳優の方々の熱演のおかげでキャラクターたちが息を吹き返したようだ。原作と一致していて満足な思いもあるし, ドラマならではの脚色に感動を覚え興味津々と見続けた。とても満足している”と伝えた。続けて“プロットが原作を忠実に再現するのか, ドラマならではの解釈が世あるのかとても気になっている”とも。初週の放送だけでウェルメイドジャンル物の信号弾を高らかに上げた 他人は地獄だ’の行く末に注目が集まる所以である。

いっぽう他人は地獄だ’は毎週土, 日曜日の午後10時30分に放送される。


新規会員登録 ログイン プライバシーポリシー 会員規約
特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ
ID: PWD:
ARA新規会員登録Copyrights © A・R・A All Rights Reserved.