メディア情報

新規会員登録 ログイン
ID:
PWD:
 
会員限定コンテンツ
“ホテルキング”報道資料10
2014-06-05

ホテルキングイ・ドンウク、イ・ドクファ

二重人格満天下に暴露!静かな反撃

ホテル怪物イ・ドンウク、彼の本当の復讐がいまから始まる!

--------------------------------------------------------------------

- イ・ドンウク、マジシャン、チェ・ヒョヌと組んでイ・ドクファの仮面をはがした! ‘視聴者痛快

- ドンウク、復讐を開始した冷酷なキャラクター冷ややかな眼差し+険しい表情’で描き‘ド

 ラマの緊張感アップ

                                                                                                                         

MBC週末特別企画‘ホテルキング’のイ・ドンウク(チャ・ジェウァン役)がイ・ドクファ(イ・ジュング役)に対し冷たい刃を振りかざし本当の復讐を開始した。

 

愛する女性モネ(イ・ダヘ扮)が傷つくのが心配で低姿勢でジュングに従っていた彼が慈善公演でジュングの汚れた仮面を剥がし静かな反撃に移った。

 

去る5月31日の放送でジェウァンはカジノ建設への否定的なイメージを払しょくするために子供のための慈善公演をやってみてはとジュングを説得、彼を信じないジュングは半信半疑ながら彼の意向に合わせてイベントへの参加を決定する場面が描かれた。

 

しかしこの提案は、彼が仕組んだジュングへの復讐の始まりであった。彼はジュングと一緒にショーを行うマジシャン(チェ・ヒョヌ扮)を予め懐柔し、ジュングの二面性を暴露する計画で公演を進めた。

 

このことを知らず舞台に上がり子供らの前では優しさを装ったジュングは舞台裏に戻ると“自分を可愛がってくれと物乞いしてるのさ。礼儀知らずで、汚くて…うんざりする”と話し、この発言の内容がスピーカーを通してこの会場中に響きわたりジュングの本性が露わになった。

 

この発言で会場内にいたジュングの妻(イ・サンミ扮)と娘(ソ・イアン扮)をはじめホテルシーエルの職員、観客ら全員がジュングの正体を知り驚きを禁じ得なかったし、裏で静かに辺書きを準備してきたジェウァンの計画が成功したことで視聴者を痛快な気分にさせた。

 

この日、イ・ドンウクはジュングが一番大事に思っている、彼のアキレス腱である家族にすべてを暴露したことでようやく復讐らしい復讐を始めたジェウァンの姿を、冷ややかな眼差しと毒気を含んだ鋭い表情で冷酷に表現しドラマの緊張感を増幅させた。

 

一方、ジュングに対する復讐を開始したジェウァンがモネとホテルシーエルを守れるかどうかに視聴者の期待が集まっているMBC週末特別企画‘ホテルキング’は毎週土、日曜夜9時55分から放送される。

 

 

 

 

ホテルキングイ・ドンウク、一人で耐え忍ぶ痛みと孤独

見るほど胸が痛む

イ・ドンウク、存在否定+恋しい気持ちを表現できないやるせない現実

うなだれる!

--------------------------------------------------------------------

- イ・ドンウク、キャラクターが感じる痛み抑制された演技で見事に表現! ‘演技のポテンシャル弾ける

- イ・ドンウク、何もなかったように気丈に涙をこらえる姿に視聴者、切ない思い

                                                                                                                         

MBC週末特別企画‘ホテルキング’のイ・ドンウク(チャ・ジェウァン役)が一人耐え忍ぶ痛みと胸に染み入る孤独感で視聴者の心を切なくさせた。

 

実の父ジュング(イ・ドクファ扮)を直接監獄に送り復讐に成功した彼が、自分の存在自体を否定され愛する女性に寄り添うことができないいたたまれない現実の前に辛い思いを明かした。

 

去る1日の放送ではジェウァンがローマン・リー(チン・テヒョン扮)と手を組んでジュングを不法貸出及び租税法処罰法違反の罪名で監獄送りにするシーンが描かれた。彼は連行されるジュングに初めて“お父さん”と呼び、必死に否定するジュングを見ながら、自分を否定したア会長(チェ・サンフン扮)の姿を思い返し“知っている。私は誰でもない”と言い返し、父親だと信じていた人と、実の父親二人から疎外された悲しみを映し出した。

 

続いて、疲れ果てた心でモネ(イ・ダヘ扮)の家を訪ねた彼は幻聴のように聞こえる彼女の声に“これ以上君に近付くことはできない”と言って自分が彼女の父ア・ソンウォンを死へと追いやったイ・ジュングの息子であるという事実が未だに信じられないかのように言葉を続けることができず再びうなだれた。

 

その後、自分の家でモネが彼へのお礼に作り置きしてくれた食事をいただいたジェウァンは、ご飯を口に押し込みながら何でもなかったように装うとしたが、込み上げる涙にのどを詰まらせ、やっとの思いでご飯を飲み込み、そんな彼の姿が見る人を切なくさせた。

 

この日イ・ドンウクは、自分を捨てて利用した父親を監獄に送る息子の悲痛さと、愛する女性を前にしながら自分の感情を表現することができない男が経験する、想像すらできない痛みを、彼特有の抑えの利いた内面演技で見事に表現し、ドラマへの没入度を高めた。

 

この日の放送を見たネットユーザーたちは“イ・ドンウクの演技の潜在能力が爆発”、“ジェウァンが涙をこらえるのを見て自分が泣いてしまった”、“ジェウァンが不憫で胸が痛む”、“イ・ドンウクの水を得た演技に涙、涙”など多様な反応を見せた。

 

一方、この日の放送の終わりにペク・ミニョ(キム・ヘスク扮)とローマン・リーが母子関係だという事実をジェウァンとモネが知ることになる場面が描かれ、今後の展開に期待を集めるMBC週末特別企画‘ホテルキング’は毎週土、日曜夜9時55分から放送される。


新規会員登録 ログイン プライバシーポリシー 会員規約
特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ
ID: PWD:
ARA新規会員登録Copyrights © A・R・A All Rights Reserved.