メディア情報

新規会員登録 ログイン
ID:
PWD:
 
会員限定コンテンツ
[RE:TV] 'ウクトーク' チョングァン和尚×イ・ドンウク、精進料理…ファンタスティックな相性で'笑い'
2020-02-06

(ソウル=ニュース1) パク・ハナ記者 | 2020-02-06

'イ・ドンウクはトークがやりたくて' イ・ドンウクがチョングァン和尚と一緒に精進料理に挑戦した。

今週5日の午後に放送されたSBS バラエティー番組'イ・ドンウクはトークがやりたくて'(以下ウクトーク')では精進料理の大家チョングァン和尚がゲストとした出演した。

イ・ドンウクはチョングァン和尚のもとを訪ね、精進料理を学びながら現場トークの時間を過ごした。イ・ドンウクは料理に先立って、チョングァン和尚が直接漬け込んだ様々な醬を味見しながら舌鼓を打った。

 

本格的に料理がはじまると、チョングァン和尚は "レシピはない。文字でなく心で作るもの"と言って料理を作りだした。

イ・ドンウクはチョングァン和尚の指示に従って食材をこしらえ、チョングァン和尚は遅々として進まないイ・ドンウクの料理に呆れ、結局直接自分で作りだして、笑いを与えた。イ・ドンウクは"こんなに遅いなら、直接されたほうがいい"とジョークを飛ばす。

チョングァン和尚は"料理はタイミング"とアドバイスしたが、イ・ドンウクは "真心だし、修行なので、ゆっくりやります"と余裕のある態度でチョングァン和尚を笑わせた。続いてイ・ドンウクは茹でたほうれん草をつかんでは、その熱さに驚きふためき、チョングァン和尚は"耐えるのも修行だから"と言った。

チョングァン和尚は精進料理を正式に学んだのではなく、料理に対する関心から自前で学んだと打ち明けた。

 

イ・ドンウクがあえたほうれん草を味見したチョングァン和尚は"美味しい"と絶賛した。イ・ドンウクは醤油とゴマ塩だけで味付けしたほうれん草の和え物に感嘆した。これにチョングァン和尚は"ゴマ油を入れたらとりあえずは香ばしくなる。しかし時間が経つほどにほうれん草の味を損ねる"と明かした。さらにチョングァ和尚は"食材の味と香りを最大限引き出さなければいけない"と付け加えた。


続いてチョングァン和尚は蓖麻子を煎りながら "炒めたら腰ができる"と自身の秘訣を伝授した。完成した蓖麻子を味見したイ・ドンウクは"本当に美味しい。僕がもっと味の表現をうまくして伝えたい"と絶賛した。

チョングァン和尚とイ・ドンウクが一緒に作った正月十五日のナムル盛り合わせが完成した。チョングァン和尚とイ・ドンウクは精進料理を作る間中、ファンタスティックな相性を届け、楽しさを膨らませた。

いっぽうSBS 'イ・ドンウクはトークがやりたくて'は毎週水曜日の午後10時に放送されている。
 


新規会員登録 ログイン プライバシーポリシー 会員規約
特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ
ID: PWD:
ARA新規会員登録Copyrights © A・R・A All Rights Reserved.