メディア情報

新規会員登録 ログイン
ID:
PWD:
 
会員限定コンテンツ
イ・ドンウク, ボクシングに挑戦? 無敗のボクサーチェ・ヒョンミと‘トークがやりたくて’
2020-02-12

 

[東亜ドットコム チョン・ヒヨン記者 2020.2.12]

 

イ・ドンウク、ボクシングに挑戦? 無敗のボクサーチェ・ヒョンミと トークがやりたくて’ 

17戦16勝 1無。韓国女子プロボクシング史上最初にWBA 序詞フェザー級を席巻した世界チャンピオン、チェ・ヒョンミ選手が12日、 ‘イ・ドンウクはトークがやりたくて’に出演する。
 

プロデビュー後、13年間一度も負けたことのない無敗のチャンピオン、チェ・ヒョンミ選手はカリスマ溢れるファイティングポーズを見せ、登場からスタジオを圧倒した。イ・ドンウクは傷だらけのチャンピオンの拳に感動し、WBA(世界ボクシング協会)とIBF(国際ボクシング連盟)の統一タイトルマッチを控えているチェ・ヒョンミ選手とトークを交わした。
 
特に彼女が練習しているアメリカの体育館は、これまで30人のチャンピオンを輩出してきた場所である。チェ・ヒョンミ選手は序詞ボクシング選手としてはじめてここで練習している。

イ・ドンウクは練習中のチェ・ヒョンミ選手を訪ね、一緒に練習する時間を過ごした。イ・ドンウクに直接ボクシングの基本姿勢を教えていたチェ・ヒョンミ選手はイ・ドンウクの練習の様子を見て、 ‘本当に天性の素質かある’としきりに感嘆を連発した。直接ミットをはめ、世界チャンピオンの拳を直に感じたイ・ドンウクは予想をはるかに越える強力なパワーに驚きを隠せなかった。

いっぽうシチュエーショントークではホストのイ・ドンウクとショーMC チャン・ドヨンがサプライズ・ユーチューバーに変身、世界チャンピオンチェ・ヒョンミ選手の練習カバンをunboxingする時間を設けた。グローブ、ヘッドギアなどカバンの中のものをひとつずつ取り出して、それに関連するエピソードを公開する予定。

チェ・ヒョンミ選手はプロとしてデビューした後、13年間一度も負けたことのない無敗のチャンピオンだが、防衛戦を果たせずチャンピオンベルトを何度も剥奪されかけるという危機に瀕したことが多々あったと、彼女だけの苦悩を告白した。世界チャンピオンを維持しようとすれば、6ヵ月に一度ずつ‘義務防衛戦’をしなければならず、ボクシングというスポーツが韓国では後援を得にくいなど、現実的な困難が多いと語った。チェ・ヒョンミ選手は自分のチャンピオンの座を守るため献身してくれた父のことを思い起こし、目頭を熱くした。

プロボクシング男女を通して唯一の4大メジャー気候の世界チャンピオンチェ・ヒョンミ選手の物語は今日 (12日) の夜10時SBS ‘イ・ドンウクはトークがやりたくて’で確認することができる。


新規会員登録 ログイン プライバシーポリシー 会員規約
特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ
ID: PWD:
ARA新規会員登録Copyrights © A・R・A All Rights Reserved.