メディア情報

新規会員登録 ログイン
ID:
PWD:
 
会員限定コンテンツ
'ウクトーク' BOA, 20年前の秘蔵映像→ポンプの実力公開
2020-02-20

[スポーツ朝鮮ドットコム チョン・アンジ記者 2020.2.19]

 

19日、'イ・ドンウクはトークがやりたくて'(以下ウクトーク)にデビュー20周年を迎えた'アジアの星' BOAが出演する。

デビュー20周年! 初めての公式活動! アジアの星, BOA 

遡ること2000、満13歳の時に 'ID ; Peace B'でデビューし、今日まで最高の女性ソロ歌手として活躍してきたBOA。彼女は2020年、デビュー20周年の活動の信号弾としてウクトーク出演を決めたことを明かした。韓国アイドルの海外での活動の扉を開き、K-POPを世界に知らしめた先駆者BOAは、ホストのイ・ドンウクと会って、過ぎ去った20年を共に振り返る時間を持った。

小学校6年の時から練習生としての生活を始め、デビュー後留まることなく大衆歌謡界に確かな足跡を刻んできたBOAは、長い経験から滲み出る名言のような言葉を綴り、イ・ドンウクとチャン・ドヨンを感動させた。'音楽は最も簡単タイムマシーンだ'という彼女の言葉の通り、この間のヒット曲を回想しながら、その頃に戻ると言う時間を設けた。

特にBOAの象徴とも言うべきパワフルな振付に咲いては、"舞台を見た時に一つぐらいは記憶に残らなければいけない"と考えている彼女ならではの哲学を打ち明けたりもした。また高難度の振付については"やりもしないでできないというのはいや"と語り、舞台の達人としての一面を存分に発揮した。

SBS アーカイブから探してきたBOAのデビュー草創期の映像大放出

特別な状況のなかで、ゲストの異色のトークを引き出すシチュエーショントークでは、20年前に戻ってBOAと一緒にデビュー当時の様子を鑑賞するリアクションビデオ形式で行われた。SBSとは縁が深かったBOAのデビュー舞台と、その頃のインタビュー映像が流れると、BOAは本人も忘れていたという愛らしい姿にしきりに照れながら、手で団扇を煽っていたとのこと。

特に方言の演技と物まねを熱演する自分の姿に、しばらく顔を上げられないほど爆笑した。またBOAは自分のインタビュー映像を見ながら、"痛々しい。ジーンとして、自分に申し訳ない"と語ったが、果たして厳かな雰囲気を醸し出した、満13歳の숙연하게のインタビューはどのような内容だったのか? 

学生の頃に戻ったイ・ドンウク×チャン・ドヨン×BOA

あまりにも幼い頃にデビューしたため、学生の頃の思い出がほとんどないと言うBOAのために、ホストのイ・ドンウクとショーMC のチャン・ドヨンが今日一日彼女と一緒に学生の頃に戻ってみた。三人は一緒に制服を合わせて、定食屋に入り、あの頃のあの時の間食を回想しながら共感しあった。続いてBOAは小学生の頃に、周りの友達の関心を集めるしかなかった衝撃の衣裳を公開し、好奇心を掻き立てた。BOAが修学旅行に行けなかったことが最も残念だと言うと、イ・ドンウクとチャン・ドヨンはそれぞれの経験談を火花が散るような演技を通して彼女に教えたという。

続いて三人はゲームセンターを訪ねて、楽しい時間を過ごした。ポンプゲームを選択したイ・ドンウクとチャン・ドヨンは意表を突くジェスチャーギャグを見せたが、BOAは素早くて節度のある動作を披露し、周りを驚かせた。そればかりでなく、BOAは意外なゲームで驚くべき実力を見せつけ、新たな才能を発見したとのことで好奇心を膨らませた。

デビュー20周年を迎えたBOAの人間的ないつ面と音楽に対する想いを届けてくれる、SBS 'イ・ドンウクはトークがやりたくて'は19日の夜10時に放送される。


新規会員登録 ログイン プライバシーポリシー 会員規約
特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ
ID: PWD:
ARA新規会員登録Copyrights © A・R・A All Rights Reserved.