メディア情報

新規会員登録 ログイン
ID:
PWD:
 
会員限定コンテンツ
初回から大ヒット‘九尾狐伝’ 最高視聴率7.2% ‘歴代水木ドラマ初回2位’
2020-10-08

[NEWS EN ファン・ヘジン記者 2020.10.8]

tvN 新水木ドラマ‘九尾狐伝’が初回から視聴者を虜にする展開で格の違うファンタジーアクションロマンスの華やかな扉を開いた。

10月 7日に放送スタートした ‘九尾狐伝’ 1話は首都圏世帯基準平均 6.5%、最高 7.2%、全国世帯基準平均5.8%、最高 6.4%を叩き出した。

tvNターゲットの男女2049 視聴率は首都圏平均4.0%、最高4.5%、全国平均 4.4%、最高4.8%を記録し、首都圏と全国いずれも全地上波を含むすべてのチャンネル同時間帯1位に輝いた。

これはtvN 歴代水木ドラマ初回放送 2位を記録したのと同時に水木ドラマ大戦で1位を占めることによって今後の期待を膨らませた。(ケーブル, IPTV, 衛星を統合した有料プラットホーム基準/ ニールセン・コリア提供)

この日の放送では1999年に狐峠での事故で両親が失踪し、一人残されたナム・ジア (チョ・ボア)が21年後、九尾狐イ・ヨン(イ・ドンウク)の書体に接近するスピード感あふれる展開で、緊張感を高めた。その後また別の九尾狐イ・ラン (キム・ボム)の策略で狐峠を訪ねたナム・ジアは吉も峠で起きた謎のバス事故に遭遇、そこから消えたイ・ヨンの正体を突き止めようと孤軍奮闘する怪談ファンタジーの幻想的なコラボを届けた。

 

(写真=tvN ‘九尾狐伝’ キャプチャー)
 


新規会員登録 ログイン プライバシーポリシー 会員規約
特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ
ID: PWD:
ARA新規会員登録Copyrights © A・R・A All Rights Reserved.