メディア情報

新規会員登録 ログイン
ID:
PWD:
 
会員限定コンテンツ
'男はコート'…冬のファッション'イ・ドンウク カシミアコート' 暖かくてファッショナブルに
2018-12-06

Bruno Baffiイ・ドンウク・カシミアコート<写真提供=セジョン>

 

セジョン・ウェルメイド, Bruno Baffi Indian 冬の紳士コート提案

[ENEWSTODAY イ・ジヘ記者 2018.12.6]

コートは冬のシーズンを演出できる最も洗練されたアウターに数えられる。その反面とても寒い日には保温性に欠けるのでファッションよりは実用的なロングダウンやヘビージャンパーに手が届きやすい。

そのため今年の冬はゆとりのあるコートに人気が集まっている。インナーとしてライトダウンを重ね着するなどファッション性も生かして同時に保温性も保てるので一石二鳥とというわけだ。

セジョン・ウェルメイドは品格を保ちつつ寒さ対策は欠かしたくない男性のためにスタイルと保温性を同時に備えたプレミアム・カシミアコート6日に提案した。

Bruno Baffiは楽なシルエット, シンプルなデザインと感覚的なカラーが引き立つイ・ドンウクカシミアコートを発表した。ウールとカシミア金剛の素材で軽いが保温性に優れているのが特徴的だ。ここにレザーキルティングを裏地に使用し保温性を強化した。

肩のラインが自然に流れるシルエットとソリッドカラーの構成で清潔ながらソフトな印象を伝えている。膝の上に落ちるセミオーバーフィットの着丈で負担感なく着こなせる。ベージュ, グレーブルー, チェック柄, ブラックのトータル4種のカラーだ。

Bruno Baffiはソルハウンドトゥースチェックパターンがデザインされたセミオーバーフィットのコートも発表した。チェックの形が猟犬の牙のように見えるところに由来するハウンドトゥースチェックはチェックの柄自体が荒々しいイメージを漂わせるので男性的でシックな雰囲気を伝えることできる。

ブラック, ブラウン, ホワイトのチェック構成で暖かくて洗練された感じを表している。日頃はブラック, グレーなどの暗めでトーンダウンした冬のファッションアイテムを多用していたりミックスマッチングに慣れていない男性ならポイントになるチェックパターンのコートを積極的に推薦したい。

Indianは保温性をより強調したコートアウターを探す男性のためにスタンドカラーのカシミアコートを世に出した。ウールとカシミア混合の素材でセレブな印象が際立っている。

ネックラインを包むスタンドカラーでデザインされカラーの内側にミンクのファーを使用し暖かい着用感を届ける。またグースダウンライナーは脱着が可能で時によって保温力をより強化したコートスタイルを演出することができる。

ウェルスメイド関係者はウィンターシーズンのコートはビジネスだけでなく格式を重んじる場所や年末の会合などにも有用に活用できるアイテム” “高品質素材はもちろん洗練されたデザインでスタイルの品格を高めてくれる多彩なカシミアコートと共にファッショナブルな冬のファッションを完成させることができると伝えている。

 

 


新規会員登録 ログイン プライバシーポリシー 会員規約
特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ
ID: PWD:
ARA新規会員登録Copyrights © A・R・A All Rights Reserved.