メディア情報

新規会員登録 ログイン
ID:
PWD:
 
会員限定コンテンツ
'真心が届く' イ・ドンウク, ビジュアル+眼差し+相性…クォン・ジョンロク役シンクロ率200%
2019-02-08

[スポーツ朝鮮ドットコム チョン・アンジ記者 2019.2.7]

 

真心が届く' イ・ドンウクが初放送からキャラクターとの高いシンクロ率で視聴者を捉えた。

6日に放送されたtvN新水木ドラマ'真心が届く'(脚本 イ・ミョンスク, チェ・ボリム/ 演出 パク・ジュンファ/ 制作 スタジオドラゴン) 1話でイ・ドンウクがオールウェイズ法律事務所のエースで勝訴率1位の弁護士クォン・ジョンロクに扮した。彼はビジュアルと眼差し, 相手俳優との相性まで3拍子を揃えキャラクターに完璧に溶け込んだ。
 

ジョンロクはオ・ユンソ, 本名オ・ジンシム(ユ・インナ)の韓国を代表する女優が秘書として来るのでよろしく頼むとの提案を受けた。彼は戸惑った表示用で法律事務所代表ヨン・ジュンギュ (オ・ジョンセ)に"法律事務所の仕事が遊びとでもいうのですか?"と即座に拒絶した。これにジュンギユはジョンロクの機嫌をうかがいながら"5年前の…"と切りだしジョンロクは"代表!"と叫び, "いつまでこき使うのですか?"と食いつき好奇心をそそった。

ジョンロクとジンシムは会ってすぐにぎくしゃくした。ジョンロクは内戦のつなぎすらできず失敗を繰り返すジンシムに苛立った。翌日も二人の葛藤は続いた。ジンシムが机を整理するついでに重要書類を乱してしまったのだ。ジンシムは得意気になって彼を見つめたがジョンロクは"なぜ頼んでもいないことをするんですか"と言って怒った。

ジンシムは"先生, もしかして女が嫌いなんですか?"と聞いた。ジョンロクはジンシムににじり寄りジンシムと目を合わせた。続いて彼は"僕, 女は好きです。大好きです。ただジンシムさんにはまったく関心がないだけです"と突き放した。

ドラマでイ・ドンウクが扮するクォン・ジョンロクのキャラクターは仕事においては完璧なワーカーホリックの弁護士であり, 秀でたビジュアルと抜け目のない業務能力を持っているが'恋愛音痴'という意外な面を持ち合わせている人物。イ・ドンウクはビジュアルから眼差しまでクォン・ジョンロクそのものに扮した。また, 相手役のユ・インナとの相性の良さで視聴者のトキメキ指数を高めた。今後'真心が届く'에서 で描かれるイ・ドンウクの活躍に期待感が募る。

いっぽう, イ・ドンウク-ユ・インナ主演のtvN 新水木ドラマ'真心が届く'はある日, ドラマのように法律事務所に舞い込んできた大韓民国を代表する女優オ・ユンソ(ユ・インナ)が完璧主義者の弁護士クォン・ジョンロク(イ・ドンウク)に出会うことによってはじまる宇宙女神偽装就業ロマンス。今日 (7日, 木)の夜9時30分に2なしが放送される。


新規会員登録 ログイン プライバシーポリシー 会員規約
特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ
ID: PWD:
ARA新規会員登録Copyrights © A・R・A All Rights Reserved.