メディア情報

新規会員登録 ログイン
ID:
PWD:
 
会員限定コンテンツ
'他人は地獄だ' イム・シワン×イ・ドンウク, 今夏最高の共演に期待
2019-08-22

[光州毎日新聞メディア部 パク・ボムスン記者 2019.8.22]

 

‘他人は地獄だ’ イム・シワンとイ・ドンウクの初めての出会いはどうなのか。

初放送までD-9, カウントダウンに入ったOCN ドラマチックシネマ‘他人は地獄だ’(脚本 チョン・イド, 演出 イ・チャンフィ, 制作 映画社ウサン, 共同制作 スタジオN, 全10部作)は上京した青年がソウルの慣れない下宿生活の中で他人が作りだした地獄を経験するミステリー。

俳優イム・シワンとイ・ドンウクが下宿エデンの新入居者ユン・ジョンウと下宿の近くで歯科を運営する歯科医師ソ・ムンジョとして出会い共演を果たす。

OCN ジャンル物も共演も初めてだが, 完璧な相性を予告し放送に対する期待感を炸裂させている。

今日(22日) 公開されたスチールカットでは下宿の屋上に並んで立つ二人の男の姿が捉えられている。深夜,都心の夜景を眺めながら深い思いに耽っているジョンウに近づき 新しく来られた方ですよね?”と声をかけるソ・ムンジョ。

漆黒のような暗闇のかなたに赤い明かりの下で向かい合っただけなのに奇妙な緊張感を醸し出している。1話の予告映像(https://tv.naver.com/v/9573254)を通じて公開されたこのシーンはドラマでジョンウとムンジョのはじめての出会いで, 短いかっとにもかかわらず二人の奇妙な相性を予告し深い印象を残している。

イム・シワンとイ・ドンウクは見知らぬ場所と人の中で他人に対する警戒心を露わにするユン・ジョンウ, そしてずばぬけたよ話術と芸術的感性を併せ持つ歯科医師として原作に再解釈を加え, 新たに誕生したペールに包まれた正体に好奇心を掻き立てられるソ・ムンジョに会って一時も目を離せない最高の相性をお茶の間に届ける予定。

破格のストーリーが予想される‘他人は地獄だ’を引っ張っていく二人の活躍に注目が注がれている。

イム・シワンは“イ・ドンウク先輩との呼吸はとてもいい。撮影前からドラマの話をはじめ先輩とは多くを話し合えた。とても親しくなったし, いい共演になるしかない”と二人の和気あいあいとした現場の雰囲気を伝えた。

また, “俳優イム・シワンは作品で出会う前から特に関心を持って見守ってきた。センスがあると思っていたが実際にも本当に上手だし, 努力する俳優だ。主演としての責任感やリーダーとしての資質もずばぬけていて俳優としても人間としても立派だと感じた”と語るイ・ドンウクの説明は2019年下半期最高の期待作で出会った二人の特別な相性が早くも期待される理由と言えよう。

いっぽう, ‘他人は地獄だ’は映画とドラマのフォーマットを組み合わせたドラマチックシネマの二番目の作品。映画制作陣が大挙投入され는意気投合することによって映画のシャープな演出とドラマの密度の濃いストーリーを通じてウェルメイドジャンル物の誕生を予告している。

累積照会数8億ビューを記録した同名の人気ウェブトゥーンを原作として, 第10回ミジャンセン短編映画祭に映画'巣窟'を出品し最優秀賞を受賞し, 去年公開の映画'消えた夜'で論壇と観客の好評を博したイ・チャンフィ監督が演出を担当している。また'助けて1'を通してウェブトゥーン原作を緊張感あふれるドラマに再誕生させ注目を集めてきたチョン・イド作家が執筆を担当している。‘WATCHER(ワチャー)’の後続として8月31日の午後10時30分放送開始。


新規会員登録 ログイン プライバシーポリシー 会員規約
特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ
ID: PWD:
ARA新規会員登録Copyrights © A・R・A All Rights Reserved.